脊柱管狭窄症を治すには|整形外科を受診しよう

先生

動脈と静脈が直結します

女性

脳動静脈奇形は、脳の動脈と静脈が直接つながる病気です。血管が破裂すると、脳に出血が起こったり、けいれんや意識障害が起こったりします。治療は、手術をして血管を取り除いたり、血管内の手術をしたりすることが多いです。

詳しくはこちら

自律神経に関わる病気

笑顔

自律神経失調症は、精神科や心療内科のほかにも内科で受診することができます。精神科を受診することに抵抗がある人でも気軽に受診することができます。治療をおこなう場合には、医師の指導や処方される薬の服用を正しくおこなう必要があります。

詳しくはこちら

喫煙が引き起こす病気

悩み

肺がんは男性に多く喫煙などが原因で発症します。煙草の煙には発ガン性物質が含まれ副流煙も問題になっています。高齢になるほど発症リスクが高まります。初期症状は風邪に似ているので見過ごされがちです。治療法は外科療法、放射線療法、化学療法があります。

詳しくはこちら

腰の痛みの原因となる病気

食生活に気をつけて、健康成分を摂り入れることで脊柱管狭窄症を改善できますよ。手軽に有効成分を摂取できるサプリメントがおすすめです。

女性

腰痛を感じた場合は整骨院に行って対症療法を受ける方もおられますが、対症療法だけでは良くならず症状が長引いてしまうこともあります。そのため、やはり専門医の診察を受けるために整形外科を受診するのが良いです。腰痛の原因として、脊柱管狭窄症という病気があります。これは、脊柱管が狭くなることで神経根や脊髄が圧迫されるため腰痛や足のしびれ、痛みなどの症状が出るものです。原因として、加齢や外傷による椎骨の退行性の変化および軟部組織の肥厚や石灰化があります。腰部の場合は、黄色靭帯の肥厚が原因となっていることが多いです。また、脊柱管狭窄症は腰部の他にも頸部にも発症します。頸部の場合は、主に上肢の痛みや巧緻性の低下などの症状が出現します。両者ともに整形外科であれば、迅速に診断、治療を行ってもらえます。

脊柱管狭窄症の治療法としては、内科的な保存療法と外科的な手術療法があります。まず、内科的な治療としては鎮痛薬や筋弛緩薬の内服での薬物療法やコルセットの着用で患部を保護する方法、牽引などがあります。また、患部に直接局所麻酔薬を注射して神経を遮断することで痛みを軽減させるブロック注射という治療法もあります。それらの内科的な治療でも効果がなく、日常生活に支障が出たり、排尿障害を発症している場合には手術療法が選択されます。手術の方法としては、圧迫されている神経根や脊髄を解放し、さらなる症状の悪化を予防するものとなります。脊柱管狭窄症は手術を受けたからといって完治するものではなく、あくまで悪化を予防するものとなるため、症状の悪化を予防するような日常生活を送ることが大切になります。